特徴

帳票作成ツールcrownixとは

担当者レベルの帳票作成から基幹システムの出力まで、様々な出力要件に対応できる帳票ツールです。CROWNIXのみで帳票設計から公開・運用管理までを行うレポーティングシステムを構築したり、他の業務システムの出力機能を補う部品として組み込むなど統合的な出力基盤として利用することも可能です。

あらゆる帳票を出力

  • 伝票、管理帳票、報告書、図やグラフを用いた帳票
  • 宛名ラベルやバーコードやQRコードを埋め込んだ商品ラベル
  • ドットインパクトプリンタなどに印刷する連帳

あらゆるニーズに対応

  • 担当者がローカルにあるCSVやDBを使って帳票を作成したい
  • 基幹システムの出力機能を補いたい
  • 全社の様々な帳票運用をカバーするレポーティングシステムを構築したい

帳票作成ツールCROWNIXだからできること

帳票を設計する

使いやすいデザインツール

使いやすい設計ツール

多くのユーザが慣れ親しんだMS Officeのようなインターフェースで、プログラミングの知識がなくても簡単に帳票が設計できます。タイプごとに整理されたメニューから必要な機能にすばやくアクセスし、シンプルなマウス操作で帳票やレポートをデザインすることが可能です。既存の設計の変更や複製も簡単にできるので、短期間で帳票開発が行えます。

自由に設計できる

自由に設計できる

標準的な帳票形式は勿論、複写伝票のような単票形式の帳票から、画像やグラフ、複数の表を用いた報告書まで、様々な帳票が作成できます。宛名ラベルや商品ラベルなどのラベル形式にも対応しており、またドットプリンタなどに印刷する連帳の設計も可能です。 タイトルなどのテキストボックスや日付、ページ番号なども簡単に配置でき、約100種類にのぼるバーコードやQRコードも用意されています。

動きのあるレポートが設計できる

動きのあるレポートが設計できる

専用ビューアではプレビューや印刷だけでなくPDFやExcel、Word、PowerPoint、CSVへも出力可能です。また、プレビュー画面では設計者が設定した期間や部門など様々な項目をエンドユーザが自分で選択し、表示するデータ範囲を自由に切り替えられるよう設計することができます。さらに集計データからワンクリックで明細データを表示したり、関連する他のレポートやWebページへリンクするなど、見るだけでなく動きのある帳票の設計が可能です。

データを取得する

マルチデータソースに接続できる

マルチデータソースに接続できる

各種社内業務システムやクラウドシステムなど複数箇所に散在するシステムのDBに直接接続したり、各システムから出力したCSV、XML、JSON形式のファイルをデータソースとして読み込むこともできます。これにより社内の様々なシステムのデータを使って帳票やレポートを作成することが可能です。

出力・配布する

レポートの公開・管理も行える

レポートの公開・管理も行える

CRWONIX Report Centerが提供するレポートの公開・ユーザ管理・アクセス権限機能などを用いて、統合的なレポーティングシステムを簡単に構築することができます。これによりレポーティングシステムの導入にかかる開発工数を大幅に削減し、システム担当者の運用負荷も低減できます。

出力日時を指定して自動生成できる

出力日時を指定して自動生成できる

CROWNIX ERSのReporting Serverは、サーバー上のフォルダに定期的に帳票を出力したり、指定したアドレスにメール配信したりするスケジュール機能を提供しています。週次や月次、四半期、年度などの定期的に作成する帳票をあらかじめスケジューリングすることで、担当者の負担を大幅に減らすことができます。

他システムの出力機能として利用できる

他システムの出力機能として利用できる

CRWONIX Report ViewerにはVisualBasic(.NET)やJavaScript(Web)から呼び出せるAPIが提供されており、簡単な処理を追加するだけで業務システムや社内ポータルの出力機能として組み込むことができます。またサーバサイドエクスポート機能を利用すればHTTPプロトコルをサポートするすべてのアプリケーションからも印刷や出力を実行するこが可能です。

大量印刷・拠点分散印刷を効率よく管理

大量印刷・拠点分散印刷を効率よく管理

CROWNIX EPS は、基幹業務帳票の印刷にあたり、大量印刷ジョブの帳票データの取り込みから生成、出力管理までをハイパフォーマンスかつ安定した運用を可能とする帳票出力基盤です。大量印刷を行うに際して、夜間実行指示や各プリンタへの指示、各拠点への出力などの一元管理が行えるので帳票を大量に扱う大企業や物流系の企業に最適です。

CROWNIXシステム構成例

CROWNIXは担当者レベルの帳票作成から、基幹システムの出力まで様々なパターンの帳票運用に対応します。詳しくはシステム構成をご覧ください。

比べてください!
優れたコストパフォーマンス

年間利用額   ¥175,000

システム規模

CROWNIXは、大企業、中堅企業の一部署利用、中小企業のサブシステムまで幅広くお使いいただける帳票ツールです。

システム規模

データソースへの接続(複数・直接接続)

複数データソースへの接続を実現できます。外部システムとの連携も簡単で、システムを統合するためのシステム投資が不要です。

データソースへの接続

表現力

ユーザが期間や部門などを絞り込んで帳票を表示したり、集計データからワンクリックで明細データを表示したり、関連する他の帳票やWebページへリンクすることができます。単に帳票を表示するだけでなく、動きのある一つ上のレポーティングを実現します。

表現力

導入コスト

サーバーモジュール及び帳票のデザインツールに対しライセンス契約が発生します。帳票の生成・出力を行う専用クライアントはライセンスフリーでご利用いただけます。このエンドユーザー数を問わないライセンス体系により導入・運用コストの大幅な削減が実現できます。

導入コスト

よくあるご質問

Q. 帳票の作成日時を予約することはできますか?

サーバ製品には標準でスケジューリング機能があります。スタンドアローン利用ではWindowsタスクスケジューラーとの組み合わせで、自動出力が可能です。

Q. 連続印刷や複写式用紙への印刷もできますか?

はい、Excelでは難しかったラベルシール台紙への連続印刷や、複写式用紙への印刷もできます。連帳の複写式用紙にも対応しています。

Q. バーコード、印影も出力できますか?

はい、画像データはJPEG、BMP、PNG、GIF、透過GIFを利用できます。バーコードは二次元コードや郵政コード、JANコードなどを含む100種類以上のバーコードを作成できます。

Q. どんなグラフが出力できますか?

棒・面・折れ線・円・ドーナツ・散布図・レーダーチャート・ローソク・スピードメーター等を利用して思い通りに仕上げることができます。

Q. どのようなファイル形式に出力にできますか?

用紙サイズ(A4など)を指定して、pdf、パワーポイント、エクセル、ワードに出力できます。各ファイルに出力するための追加費用はかかりません。

業種を問わず幅広い業務で活用いただいています。

帳票作成ツール・BIツールの良さを兼ね備えた CROWNIXは、グローバルで3,500社、国内で280社のユーザーにご利用いただいています。

製品一覧

CROWNIX製品は組み合わせ次第で、貴社に最適なレポーティングシステムを構築できます。

ご相談から納品までの流れ

1.お問い合わせ

以下のフォームからお問い合わせください。デモのご希望なども承ります。

お問い合わせ

2.詳細ヒアリング

貴社のご利用環境やシステム構成を伺いまして、システム構成をご提案します。

3.お見積、納期のご提示

お見積りと納期をご提示いたします。ご提示したお見積りの内容でよろしければ、ご発注ください。

デモをご覧いただいてから、
他社をご検討ください

オンラインでの製品紹介およびデモンストレーションを行っております。
導入前のご質問やご相談も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。