外部システム連携

.NETアプリケーションやWebシステムとの連携

CROWNIXでは.NETやJavaScriptから呼び出せるAPIが提供されています。既存システムにこのAPIを使った処理を追加することで、専用ビューアを呼び出しレポートを表示することができます。

またERSのサーバサイドエクスポート機能はHTTPプロトコルをサポートするすべてのアプリケーションから利用することが可能で、サーバ側で出力したPDFやEXCEL形式のレポートを取得することができます。

CROWNIXを導入することにより社内の様々なシステムの帳票・レポートの出力基盤として活用することが可能です。

Webシステムや.NETアプリケーションへの組み込み

.NETアプリケーションへの組込み

.NETアプリケーションではCROWNIXの専用ビューア(OCX Viewer)をWindowsコントロールとして画面に組込むことが可能です。

メニューボタンや動的レポートなど専用ビューアの独自機能もそのまま利用できるので、エンドユーザ側でデータを絞り込ませたり、任意のファイル形式に出力したりすることもできます。また、業務システム側で保持している情報や絞り込んだ情報をCROWNIXに渡す処理を追加すれば、レポートに表示するデータ範囲を絞り込むことも可能です。

業務システム(.NETアプリケーション)に専用ビューアを組込んだ実装例

.NETアプリケーションへの組込み

▲ 業務システム上のボタンをクリックして、レポートのプレビュー画面を表示する

業務システム側での実装

  • 業務システム画面にWindowsコントロールとして専用ビューア(OCX Viewer)を組込む
  • 業務システム画面に「レポート表示」ボタンを追加する
  • ボタンクリック時にCROWNIX APIを用いて専用ビューアに使用するテンプレート・実行時制御パラメータなどの必要な情報を渡しレポート生成を指示する処理を追加する

処理の流れ

  •  エンドユーザが業務システム上で「レポート表示」ボタンをクリック
  •  業務システムが専用ビューアを呼出しレポート生成に必要な情報を渡す
  •  専用ビューアはCROWNIX ERSにデータ取得に必要な情報を渡す
  •  CROWNIX ERSは渡された情報に基づきデータソースからデータを取得する
  •  取得したデータを専用ビューアに返す
  •  専用ビューアは取得したデータと指定されたテンプレートを使ってレポートを生成し表示する
  •  エンドユーザはWebシステムの一部として専用ビューアでレポートを閲覧し、メニューボタンを使って印刷やファイル形式への出力を行う

※ 専用ビューアを表示せずに、直接ファイル形式に出力したり印刷の指示を出すこともできます。
※ レポートは専用ビューアが組込まれた業務システム側で生成されます。

.NETサンプル

デザイン

1.デザイン

  • 画面にコントロールを追加
コード

2.コード

  • ボタンクリック時の処理を追加
実行画面

3.実行画面

  • ボタンクリックでレポートを表示

Webシステムからの呼出し

JavaScriptプログラムからCROWNIXの専用ビューア(ActiveX Viewer/HTML5 Viewer)を呼出し、Webブラウザ上の指定したWindow/Frameに表示することが可能です。

メニューボタンや動的レポートなど専用ビューアの独自機能もそのまま利用できるので、エンドユーザ側でデータを絞り込ませたり、任意のファイル形式に出力したりすることもできます。.NETと同様にWebシステム側で保持している情報や絞り込んだ情報をCROWNIXに渡す処理を追加すれば、レポートに表示するデータ範囲を絞り込むことも可能です。

複数のデータソースに接続できるCROWNIXを利用すれば、社内Webポータルの共通システムから様々な業務システムのデータを元にしたレポートを閲覧することもできます。

社内ポータル(Webシステム)から専用ビューアを呼び出す実装例

Webシステムからの呼出し

▲ Webシステム上のボタンをクリックして、レポートのプレビュー画面を表示する

業務システム側での実装

  • Webシステムに「レポート表示」ボタンを追加する
  • ボタンクリック時に指定したWindow/Frameに専用ビューア(ActiveX Viewer/HTML5 Viewer)を呼出し、CROWNIX APIを用いて使用するテンプレート・実行時制御パラメータなどの必要な情報を渡しレポート生成を指示する処理を追加する

処理の流れ

  •  エンドユーザがWebシステム上で「レポート表示」ボタンをクリック
  •  Webシステムが指定したWindow/Frameに専用ビューアを呼出しレポート生成に必要な情報を渡す
  •  専用ビューアはCROWNIX ERSにデータ取得に必要な情報を渡す
  •  CROWNIX ERSは渡された情報に基づきデータソースからデータを取得する
  •  取得したデータを専用ビューアに返す
  •  専用ビューアは取得したデータと指定されたテンプレートを使ってレポートを生成し表示する
  •  エンドユーザはWebシステムの一部として専用ビューアでレポートを閲覧し、メニューボタンを使って印刷やファイル形式への出力を行う

※ レポートはActiveX Viewer(IE)利用時は閲覧をしているエンドユーザ側で、HTML5 Viewer利用時はCROWNIX ERSが稼働するサーバ側で生成されます。

JavaScriptサンプル

コード

1.コード

  • フレーム内にHTML5 Viewerを埋め込む
  • ボタンクリックでレポートを呼び出す
初期画面

2.初期画面

  • Report Viewerのフレームのみ表示
ボタンクリック後

3.ボタンクリック後

  • レポートを表示

サーバサイドエクスポートの利用

CROWNIX ERSのサーバサイドエクスポート機能はHTTPプロトコルをサポートするすべてのアプリケーションから利用することが可能です。

アプリケーション側に専用ビューアを表示することなく、サーバ側でファイル形式に出力して保存・処理結果を返します。アプリケーション側で保持している情報や絞り込んだ情報をCROWNIXに渡す処理を追加すれば、レポートに表示するデータ範囲を絞り込むことも可能です。

業務システムからCROWNIX ERSのサーバサイドエクスポートを利用した実装例

サーバサイドエクスポートの利用

▲ 業務システム上のボタンをクリックして、レポートをファイル形式で出力(ダウンロード)する

業務システム側での実装

  • 業務システム画面に「レポート出力」ボタンを追加する
  • ボタンクリック時にCROWNIX ERSに使用するテンプレート・実行時制御パラメータ・出力形式・出力先・応答タイプなど必要な情報をPOST形式で渡しレポート生成を指示する処理を追加する

処理の流れ

  •  エンドユーザが業務システム上で「レポート出力」ボタンをクリック
  •  業務システムからCROWNIX ERSへHTTPリクエスト(POST形式)でレポート生成に必要な情報を渡す
  •  CROWNIX ERSは渡された情報に基づきデータソースからデータを取得する
  •  取得したデータと指定されたテンプレートを使ってレポートを生成し、指定されたファイル形式で出力・保存する
  •  処理結果、または出力されたファイル(ダウンロード)をHTTPレスポンスとして業務システム側に返す
  •  エンドユーザは業務システムの機能として処理結果、または出力されたファイルを受け取る

※ ファイル出力と同時に印刷を指示することもできます。
※ レポートはCROWNIX ERSが稼働するサーバ上で生成されます。

サーバサイドエクスポートサンプル

コード

1.コード

  • ボタンクリックでフレーム内に出力結果を表示
初期画面

2.初期画面

  • 出力するレポートの情報を指定
ボタンクリック後

3.ボタンクリック後

  • プレーム内に出力結果(PDFファイル)が表示

帳票・レポートの生成 / 出力の一元化

CROWNIXを社内システムの帳票・レポート出力の共通基盤として一元化することができます。

同じ開発ツール(Report Designer)を使ってレポート開発できるので、標準化も容易です。また担当者しかレポートを作成・編集できないなどの属人化を防ぎ、出力全般の運用をサポートします。

帳票・レポートの生成/出力の一元化

選ばれる理由

伝票作成から定型分析まで対応!最小コストで効率的かつ安定的な運用を実現できます。

実現するための製品

業種を問わず幅広い業務で活用いただいています。

帳票作成ツール・BIツールの良さを兼ね備えた CROWNIX Reportは、グローバルで3,500社、国内で280社のユーザーにご利用いただいています。

CROWNIXに関するお問い合わせ

製品に関するご相談やお見積をご希望のお客様は、お気軽にお問い合わせください。

ご相談・お見積