スケジューリング機能

運用をサポートするスケジューリング機能
レポート出力・メール配信の自動化

CROWNIXのスケジューリング機能を使うと、定期的にサーバー上の指定したフォルダにレポートを出力したり、指定したアドレスにメール配信することができます。これにより担当者の作業負荷を大幅に減らすことが可能です。

サーバサイド出力・自動メール配信

定期的なレポート作成作業を大幅に軽減

週次や月次、四半期、年度などの定期的に作成するレポートをCROWNIXを使ってタスク化・スケジュール化することにより、データの取得やレポートの加工、ユーザへの配布などにかかっていた担当者の負担を大幅に減らすことができます。

月次報告書などをEXCELなどで作成している場合
Excelのレポーティング
Excelのレポーティング

レポート作成に毎月多くの時間・作業負担がかかる

担当者は毎月多くの時間を費やしレポートを作成している。作業工程も多く、レポートが完成するまでに時間がかかる。

CROWNIX ERSのスケジューリング機能を使うと・・・
Excelのレポーティング
CROWNIXのレポーティング

毎月決まった日時に自動的に最新データでレポートを作成

CROWNIXがデータの取得からレポートの生成・配信までを実行し、エンドユーザに完成されたレポートを即座に届ける。担当者はERSの管理画面でタスクが正しく実行されたかを確認するだけ!

人の手を介さずシームレスな流れでエンドユーザーにレポートを届ける

CROWNIXではデータの取得からレポートの配布まで、人の手を介さずに実行することができます。
これによりレポート作成中の人為的なミスを防ぎます。

レポート作成のフロー

事前準備

  • Report Designerでテンプレートを作成し、CROWNIX ERSに登録します。
  • 使用するテンプレート、出力ファイル形式、出力場所、実行日時、月次・週次・年次などの実行間隔、メール配信情報などのタスク情報を登録します。

 タスクで指定された日時にレポートが実行され、データソースから最新データが読み込まれます。

 CRWONIX ERSサーバ上でレポートを生成し、指定されたファイル形式に出力します。

 CRWONIX ERSが出力結果をファイルサーバに保存したり、既存のSMTPサーバを介してユーザにメール添付で配信するなどします。

 エンドユーザは共有サーバ上やメールで配信されたレポートを閲覧します。

※ テンプレートを作成しタスクを登録すれば、あとは人の手を介さず自動でエンドユーザにレポートを届けます。

ERS Reporting Server 管理画面でタスク管理

スケジュールタスクはCROWNIXのERS Reporting Server管理画面から登録・管理することができます。
またこの管理画面からタスクの実行履歴も確認できます。

スケジュールタスク一覧画面

スケジュールタスク一覧画面

タスクの登録・編集画面

タスクの登録・編集画面(例:週次タスク)

タスク実行履歴の確認画面

タスク実行履歴の確認画面


CROWNIXが選ばれる理由

実現するための製品

事例

帳票作成ツール・BIツールの良さを兼ね備えた CROWNIX Reportは、グローバルで3,500社、国内で280社のユーザーにご利用いただいています。

CROWNIXに関するお問い合わせ

製品に関するご相談やお見積をご希望のお客様は、お気軽にお問い合わせください。

ご相談・お見積