IEサポート終了に伴う帳票環境の構築

開発工数や費用を抑えて、新しい帳票環境を整えよう!

開発工数や費用を抑えて、新しい帳票環境を整えよう!

2022年6月15日でInternet Exproreのサポートが終了した。

Internet Explorerは、過去20数年の中でWebアプリの活用基盤として利用され、数多くのActiveXアプリケーションが作られた。サポート終了により、影響を受けた企業は少なくないだろう。

1. Internet Explorerのサポート終了に伴う問題

問題1.EdgeブラウザのIEモードでも同じ動作環境は確保できない

IEでしか動作しないアプリケーションの一時的な回避策として、現時点ではMicrosoft EdgeのIEモードが採用されている。しかし、IEモードは閲覧が30日間の期限付きだったり、Active Directoryの利用が必要だったりと、全く同様に利用できるわけではない。さらに、IEモードのサポートも2029年には終了することが発表されているため、脱Internet Exproreへの対応は避けられない。

問題2.ActiveXを利用した仕組みが、利用できなくなる

様々なパッケージで、ActiveXを利用した仕組みが、Edgeブラウザでは使えなくなる。 システムのWeb帳票の表示でも、ActiveXモジュールが使われているケースは多いだろう。ActiveXを利用したアプリケーションの終了に伴い、ActiveXを利用した帳票の表示も出来なくなるのだ。

PDFの表示による回避策も考えられるが、Web帳票用ActiveXの独自機能などが利用できないため現実的ではない。

2.HTML5を利用した帳票「CROWNIX」

CROWNIXも、Web帳票用モジュールとしてActiveX Viewerを提供していた。

しかし、2017年ごろからActiveX Viewerが動作しないブラウザが主流になり始めたため、HTML5テクノロジを利用したHTML5 Viewerをリリースし製品の品質を高めてきた。現在、Web帳票はHTML5 Viewerを主流としていて、今までお使いのお客様や、導入を検討されているお客様へ提供している。

Webでの帳票表示に優れた、CROWNIX独自機能

CROWNIXなら単にレポートを表示するだけでなく、期間や部門などを絞り込んでレポートを表示したり、集計データからワンクリックで明細データを表示することもできる。 一般的な帳票システムの機能を超えた、動きのあるレポーティングを実現する。

  • 絞り込み可能な帳票
  • ドリルダウン可能な帳票
  • ハイパーリンクでの帳票間ジャンプ、別のWebページへのリンク
  • EXCEL、PDF、CSVへの出力(※ CSV出力には一部制約があります)
  • 表示されている帳票へ、メモを書き込んだ後PDF化
ハイパーリンク

CROWNIX Report Centerを利用してWeb帳票環境を快適に

CROWNIXには、作成したレポートをWeb上で公開・管理できる「Report Center」が用意されている。

サーバー内にレポート配布用のポータルサイトを設置し、個々のレポートの参照権限を管理できる。既存システムに文書の公開・管理機能を組み込む必要がないため、開発工数や費用を抑え最短期間で運用を開始できる。

帳票レイアウト

CROWNIXシステム構成例

CROWNIXは担当者レベルの帳票作成から、基幹システムの出力まで様々なパターンのレポート運用に対応します。詳しくはシステム構成をご覧ください。

3.開発工数や費用を抑えて、新しい帳票環境を整えよう!

事例1.小売業S社

ブラウザの影響を受けない帳票公開環境を構築

取引先へ、在庫情報や販売情報を共有し、製品の仕入れタイミングの共有や、売れ行き状況を共有し効率化を図っているS社。IEサポート終了に伴い、Edge利用、IE利用、その他ブラウザ利用など、各取引先のポリシーがバラバラのため、ブラウザの影響を受けない帳票公開環境が必要になった。 また、取引先では帳票の情報だけでなく、CSVの活用も求められるため、CSV出力機能も必須だった。

CROWNIXのHTML5は、Edge、Chrome、IE、Safari等、複数のブラウザ環境に対応している上、CSV出力もできる。Report Centerを導入することで、公開・管理システムの実装が不要になるため、開発費を抑えて要件を満たす帳票システムが構築できた。

※ CROWNIXのHTML5帳票でCSV出力を簡便化するためには、Report Centerの利用をお勧めしています。CROWNIXサーバー単体でも出力は可能です。

最小コストで効率的かつ安定的な運用へ

導入製品

製品費用(サブスクリプション年間利用額)

CROWNIX Report Designer ¥175,000
CROWNIX ERS ¥805,000
CROWNIX Report Center ¥280,000

IEサポート終了による帳票基盤の構築をご検討中の方へ

製品に関するご相談やお見積をご希望のお客様は、お気軽にお問い合わせください。
オンラインでのデモンストレーションも受付しております。

CROWNIXの特徴

伝票作成から定型分析まで対応!最小コストで効率的かつ安定的な運用を実現できます。

業種を問わず幅広い業務で活用いただいています。

帳票作成ツール・BIツールの良さを兼ね備えた CROWNIXは、グローバルで3,500社、国内で280社のユーザーにご利用いただいています。