CROWNIX Enterprise Reporting System (CROWNIX ERS)

CROWNIX ers

幅広い運用を可能にするサーバー製品です。

データベース連携やサーバーサイド処理を管理するCROWNIXのバックボーンシステム。
Java基盤のWebアプリケーションサーバー上で稼働し、3つのサーバーモジュールで構成されています。

ERS Data Server

説明 CRWONIXのデータベース連携用モジュール
役割 / 機能

データベース接続情報の管理

  • 複数のデータベース接続情報をCROWNIXのサービスとして登録・管理

データ取得処理・管理

  • JDBCドライバを経由してデータベースに接続
  • Report Viewerからの要請に応じてデータベースに対しSQLを発行・データを取得
  • 取得したデータをReport Viewerに渡す

開発者用のアカウント管理

  • 開発者用アカウントと利用できるサービス(データベース接続)の管理

ログ出力

  • Report Viewerからのリクエスト処理・データ取得処理のログを記録

ライセンス認証

  • Report Viewerのライセンス認証・オプション制御

ERS Reporting Server

説明 CROWNIXのサーバーサイド出力用モジュール
役割 / 機能

サーバサイド生成・出力機能

  • HTTPプロコルを使用したレポート出力サービス
  • 外部プログラムからの要請に応じてサーバ上でレポートを生成し、出力またはファイル保存
  • 処理結果メッセージ、または出力ファイルを返す

スケジューリング機能

  • レポート生成・出力タスク登録・管理
  • レポート生成・出力タスクの実行
  • 出力されたレポートのメール配信

ログ出力

  • サーバサイド処理のログを記録

ERS Admin Console

説明 サーバーモジュールのログ管理及びモニタリング用モジュール
役割 / 機能

サーバ状態モニタリング

サーバ登録、サーバ情報、設定コピー、ログダウンロード機能

Executer(レポート生成エンジン) リスタート機能

ログファイルをアップロード、ログ情報照会及び分析機能

付属製品

Crownix Report Viewer

説明 レポートの生成、表示、ファイル形式への出力を実行するCROWNIXのメインエンジン。
役割 / 機能 共通

レポートの生成

  • データの取得
  • テンプレート(定義体)とデータのマージ
  • 内部計算処理
  • ページ形成処理

レポートの表示/閲覧

  • CROWNIX専用ビューアとして動作
  • 生成したレポートの描画・表示
  • 動的レポートの動作処理

レポートの出力・ファイルに保存

  • レポートの印刷
  • 生成したレポートを各種ファイル形式に出力・保存
  • Report Viewer専用ファイル形式(.mrr)/PDF(.pdf)/EXCEL(.xls/.xlsx)/テキスト(.txt/固定長)/WORD(.doc/.rtf)※オプション/PowerPoint(.ppt)※オプション/画像ファイル(.bmp/.gif/.jpg/.jpeg/.png/.tif)※オプション

レポートの出力・ファイルに保存

  • 実行時制御パラメータの処理
  • Report Viewer呼び出し時に渡される実行時制御パラメータの処理
  • データ絞り込みに使用する変数の受け渡し/データソース関連/出力関連/保存関連/印刷関連/環境関連など多彩な制御が可能

 

ERSに付属するReoprt Viewerは下記の3種類あり、それぞれに異なる役割/機能があります。運用に合わせて適切なViewerを使用します。

ActiveX Viewer

  • Microsoft Internet Explorer(IE)のアドオン(Cab形式ファイルで配布)
  • 実行端末(クライアント)上でレポート生成処理を行う。
  • 外部プログラムから呼出し・実行可能なReport Viewer APIを提供
  • Webシステム(JavaScript等)から呼出し・組込み・実行
  • Microsoft Internet Explorer 必須
  • ERS必須

HTML5 Viewer

  • ERS Reporting Serverのサービスを利用したサーバーモジュール
  • サーバー上でレポートを生成処理を実行
  • HTML5対応ブラウザで表示
  • HTML5 Viewer専用APIを提供(ActiveXと比較すると一部制限あり)
  • Webシステム(JavaScript等)から呼出し・組込み・実行
  • HTML5対応ブラウザ必須
  • ERS必須

OCX Viewer

  • ActiveX Viewerをインストーラー形式で提供
  • 実行端末(クライアント)上でレポート生成処理を行う。
  • Windowsコントロールとして.NETアプリケーションへの組込みが可能
  • 外部プログラムから呼出し・実行可能なReport Viewer APIを提供
  • ERS必須

推奨環境

ハードウェア スペック
CPU 4コア以上割当てを推奨
メモリ 8GB以上割当てを推奨
HDD 100GB以上割当てを推奨
ソフトウェア 製品及びバージョン
OS Windows Server 2012/Windows Server 2016/Windows Server 2019
※ Microsoftのサポート期間内のバージョンのみ
UNIX/LINUX
※ 機能に一部制限があります
JDK Oracle JDK 11/Oracle OpenJDK 11/AdoptOpenJDK 11
Webアプリケーションサーバー Apache Tomcat 8.5/Apache Tomcat 9.0
※その他、Java基盤のWebアプリケーションサーバー
.NET Framework .NET Framework 3.5
※ Windows Server利用時

※ ハードウェアの構成は運用状況・利用頻度などに依存します。

価格/ライセンス

製品パッケージ 標準価格
(買い取り契約)
サブスクリプション
(年間利用契約)
レンタル
(一時利用契約)
ライセンス料 年間保守料 年間利用料 月間利用料
3か月まで 4ヶ月以降
CROWNIX ERSフルパッケージ
M2S-P-ERS70U-FL01
CROWNIX ReportとCROWNIX ERSをそれぞれ1本ずつ含むパッケージ製品
¥2,800,000 ¥420,000 ¥980,000 ¥44,000 ¥33,000
CROWNIX ERSフルパッケージ サーバーランタイム
M2S-P-ERS70U-FL01E
CROWNIX ERS単体のパッケージ製品
¥2,300,000 ¥345,000 ¥805,000 ¥44,000 ¥33,000
CRONIX ERSライトパッケージ
M2S-P-ERS70U-LP01
CROWNIX ReportとCROWNIX ERSをそれぞれ1本ずつ含む。
DBへの接続セッション数が5以下に制限されている小規模運用向けパッケ
ージ製品。
¥1,500,000 ¥225,000 ¥525,000 ¥82,000 ¥61,000
※ フルパッケージへのグレードアップ
M2S-P-ERS70U-LP01GP
ライトパッケージから接続数無制限のフルパッケージへのグレードアップ
(差額*110%)
¥1,430,000
CROWNIX Report Viewer 出力オプション:Image
画像(JPG/BMP/TIF/Gif) 変換出力許可ライセンス
¥200,000 ¥30,000 ¥70,000 ¥11,000 ¥9,000
CROWNIX Report Viewer 出力オプション:Doc
ドキュメント(DOC/PPT) 変換出力許可ライセンス
¥200,000 ¥30,000 ¥70,000 ¥11,000 ¥9,000
  • ※「標準価格」は永続利用ライセンスの買い取り契約になります。
    一年目はライセンス料+保守料、二年目以降は保守料のみ発生します。
  • ※「サブスクリプション」は年単位のライセンス利用契約になります。毎年、年間利用料が発生します。
  • ※「レンタル」は利用期間を指定しての一時利用契約になります。3か月からの月単位で利用期間を指定できます。
  • 製品をインストールするサーバ1台につき1ライセンス必要となります。
  • 仮想化サーバに導入時は、1つのゲストOSを1サーバとみなします。
  • 本番環境を購入された場合、本番環境以外の環境にインストールするサーバ製品の価格は、標準価格の50%を定価として換算しご提供します。
    例) 本番環境1台、検証環境1台、開発環境1台の場合、本番環境1ライセンス、検証環境0.5ライセンス、開発環境0.5ライセンスとなります。

製品一覧

CROWNIXに関するお問い合わせ

製品に関するご相談やお見積をご希望のお客様は、お気軽にお問い合わせください。

ご相談・お見積