1クリックで、
完璧なレポートが作れます。

システムの出力機能の不足はCROWNIXが解決!
Excelでの再加工はいりません。

無料相談・お見積

Excelでの再加工不要

希望のレポートを出したい

CROWNIXなら、罫線、テキストボックス、画像、グラフを自由に配置!
Excel等で加工することなく、システムとして帳票を出力することができます。

Excelの場合

Excelのレポーティング

CROWNIXの場合

CROWNIXのレポーティング

帳票

  • 会計システムなど連携
  • 透過した印影も挿入できる
CROWNIXのレポーティング
  • 請求書
  • 納品書
  • 固定資産台帳 など

報告書

  • 表やグラフの挿入
  • グラフィカルなレポート
CROWNIXのレポーティング
  • 売上推移表
  • ファンド分析レポート
  • 成績表 など

単票

  • CRMや各種システムと連携
  • 100種類のバーコードに対応
CROWNIXのレポーティング
  • 配送用の複写伝票
  • カルテ
  • 評価シート など

ラベル形式

  • 繰り返しフォーマットで生成
  • ドットプリンタ対応
CROWNIXのレポーティング
  • 各種ラベル
  • 宛名 など
     

運用に便利な機能

複数のアウトプットを実現

複数のアウトプットを実現

固定長テキストでの出力もできるため、生成したデータを他システムへ連携することも可能です。CROWNIXでデータ活用の幅が広がります。

スケジューリングできる

スケジューリングできる

定期的なレポーティングはスケジューリング機能を活用すれば自動化できます。曜日、週、日時指定ができるので、早朝の会議でレポートができている!ということも可能です。

共有もかんたん

共有もかんたん

ユーザーごとに閲覧権限をつけてWebで共有することも可能です。印刷・ダウンロードに制限を設けることもできるため安心です。

出力を集約したい

複数のデータソースを取り込めるから、システムをまたがるレポートが作れます。

CROWNIXは、帳票定義の中に、出力に必要なデータ取得定義を持ちます。
定義ファイルを実行させるだけで、全く違うシステムのDBを参照しますので、システム毎の帳票ツールを、CROWNIXに纏めることができるようになります。
また、レポート上で演算ができるため異なるシステムのデータを集計して欲しい数字を一発で出力することができます。

接続できるデータソース

  • CSV
  • XML
  • JSON
  • APIプログラム連携
  • Oracle
  • SQL Server
  • PostGresSQL
  • JDBCを提供しているDB
出力を集約できる

自社でテンプレートを作りたい

さまざまな機能がマウスで設定でき、簡単に帳票設計できます。

テキストの装飾

テキストの装飾

ハイパーリンク機能

ハイパーリンク機能

動的SQLの設計

動的SQLの設計

文字列バイト数設計

文字列バイト数設計

バーコード設定

バーコード設定

チャートの挿入

チャートの挿入

フィールド設定

フィールド設定

独自演算関数

独自演算関数

複数行の繰り返し設計

複数行の繰り返し設計


システム構成案

過去に実装したシステム構成をご紹介します。

Case1. 帳票定義単体で帳票を出力

最小構成:CROWNIX Report Designer と CROWNIX EXEViewer

構成案1

システム構成

CROWNIX Report Designerは、デザイン機能とEXEViewerを含んでいます。
作成された帳票テンプレートをダブルクリックで実行することで、EXEViewer上に帳票が表示されます。
※ EXEViewerは配布フリーです。

<注意事項>

  • 帳票実行モジュールのEXEViewerのインストールが必要
  • 利用するデータソースは、CSVもしくは、ODBCが提供されているDBのみ。
  • 帳票出力を利用するマシンへ、ODBCのデータソース登録が必要

メリット・デメリット

メリット

EXEViewerとテンプレートファイルのみで帳票出力環境が構築できます。
Windwosバッチスクリプトに組み込むことでスケジュール出力運用を行うことも可能です。

デメリット

単独動作のため、システムと連携できません。
帳票を閲覧したいPCすべてに、EXEViewerのインストールと、DB接続設定、帳票テンプレート配布が必要です。利用するDBによっては、DB側のユーザー登録が必要になります。

利用する製品と価格

CROWNIX Report Designer1本
500,000円(製品)/ 75,000(年間保守)

Case2. サーバーシステムとして帳票を出力

構成案2

システム構成

各システムから、出力したい帳票テンプレートを指定して、実行をします。
CROWNIX ERSサーバーを経由して各種DBやCSVへアクセスを行い、帳票を作成します。出力指定方法に応じて、紙出力、Excel、PDFの生成、帳票プレビューが実行されます。

メリット・デメリット

メリット

  • CROWNIX ERSにDBを登録することで、各システム毎のDB接続設定が不要となる。
  • Webプレビューや、.netプログラムからのプレビュー/出力環境を提供します。
  • 別システムのDBを参照しつつ自システムの帳票を出力できます。
  • CROWNIX ERSには、スケジュール機能があるので自動で出力を行うことも可能です。

デメリット

各システム毎に、帳票呼び出し用のプログラムを実装する必要があります。

利用する製品と価格

CROWNIX Liteパッケージ1本
1,500,000円(製品)/ 225,000(年間保守)
または、
CROWNIX ERSフルパッケージ1本
2,800,000円(製品)/ 420,000(年間保守)
※おのおのDesignerが1本付属

Case3. ポータルを利用した情報系システムの構築

構成案3

システム構成

Report Portalを追加することで、レポート閲覧システムの構築が可能です。
CROWNIX Report PortalはWebプレビューに特化したレポート運用ツールです。ログインユーザーの権限に応じた、閲覧レポートの制限などの制御と、帳票テンプレートをGUI上から登録できるため、帳票・レポート実行用の出力プログラムの構築が不要となります。

メリット・デメリット

メリット

ユーザー権限に応じた閲覧レポートのコントロールが可能です。
各システム側へ影響を及ぼさないため、社内の情報系ポータルとして自社内メンテナンスが出来ます。
各システムが許容している場合、レポートポータルから各システムの帳票を閲覧・出力できるようになります。

利用する製品と価格

CROWNIX Liteパッケージ1本
1,500,000円(製品)/ 225,000(年間保守)
CROWNIX Report Portal 1本
800,000円(製品)/ 120,000(年間保守)
または、
CROWNIX ERSフルパッケージ1本
2,800,000円(製品)/ 420,000(年間保守)
CROWNIX Report Portal1本
800,000円(製品)/ 120,000(年間保守)
※おのおのDesignerが1本付属

システム構成を実現するにあたり、以下の条件があります。

  • CSVデータから帳票を生成する場合:実行マシンからCSVファイルが参照できること。
  • DBのデータから帳票を生成する場合:実行マシンにDB接続情報が登録されていて、DBに接続可能なこと。

CROWNIXだから実現できた事例

導入事例

帳票作成ツールとしても、BIツールとしても使えるCROWNIX Reportは、グローバルで3,500社、国内で280社のユーザーにご利用いただいています。

CROWNIXに関するお問い合わせ

製品に関するご相談やお見積をご希望のお客様は、お気軽にお問い合わせください。

ご相談・お見積