CROWNIX Smart form - レポート出力と入力処理を1つのフォームで完結 -

「CROWNIX Smart form」は、「CROWNIX Report Designer」の機能を拡張します。「CROWNIX Smart form」を使用することで、「CROWNIX Report Designer」において収集データの対象となるデータを出力時のレイアウトフォームにしたがって入力したり、更新することができるようになります。データ入力および更新にあたり、汎用性を持たせつつ効率よく入力できるよう様々な工夫をしています。
(2016年末リリース予定)

手書き用紙のペーパレス化とワークスタイルの改革を実現

データ入力および更新は、HTML5対応のWebアプリケーションとして動作するので、クライアントアプリケーションのインストールは不要。動作環境としてOS、Webブラウザの種類を問わないのでPCはもとより、タブレットやスマートフォンでも使用することができます。

「CROWNIX Smart form」によりデータベース更新をペーパーレス化

フォームに入力することで、対象データベースを自動判別し、データのリアルタイム更新が可能になります。

フォームに入力することで、対象データベースを自動判別し、データのリアルタイム更新が可能になります。

業務帳票・レポートからのデータ入力を可能にする「CROWNIX Smart form」

一般的なフォーム入力を踏襲しているので直感的、かつ短時間でデータ入力・更新を可能とします。

一般的なフォーム入力を踏襲しているので直感的、かつ短時間でデータ入力・更新を可能とします。

 
また、ユーザ認証はもとより、データ漏えい防止のため設定された値、または入力する文字に対してマスキングを行い、暗号化することができます。また、PCでの入力・更新時には、サーバに直接データ保存するほか、PCのハードディスクに保存する「ローカル保存」も可能。柔軟な運用を支援します。

入力フォーム制御により迅速でミスのないデータ収集を実現

入力する文字に対してマスキングを行い暗号化することができます。

入力する文字に対してマスキングを行い暗号化することができます。PCのハードディスクに保存する「ローカル保存」も可能です。

データの入力・更新とレポート生成をワンストップで実現

複数のデータソースを収集してレポートの生成を行う「CROWNIX Report」を基盤に、「CROWNIX Smart Form」を使用することで、生成されたレポート上でデータ入力・更新が可能となり、新鮮なデータに基づくレポートをワンストップで生成することができるようになるため、迅速な意思決定が可能になります。

帳票作成ツール・BIツールのCROWNIXトップへ

bnr-contact