企業理念・代表挨拶

「誰もが使えるデータ分析で、企業競争力に革新を」

厳 義鎔

日本エムツーソフト株式会社
代表取締役 
厳 義鎔

エムツーソフトは、ビジネス・インテリジェンス分野のスペシャリストが集結した、“小さくて強い”企業です。陣容はあわせて80名ですが、そこに秘められたポテンシャルは、高度な開発力、社員の情熱、そして顧客第一主義が一体となった、非常に大きなものがあります。エムツーソフトの資産は、仕事に情熱を傾ける社員たちです。顧客の要求に対して、常に最高の製品で応えるために、緊密なコミュニケーションを重視し、互いのナレッジと能力を日々高めあう関係にあります。

レポーティングソリューション「CROWNIX Report」は、リーズナブルで、誰にでも使いやすく、レポーティングから定形データ分析、そして美しいレイアウト出力までが統合されたソリューションです。分析やレイアウトの設計はほとんどがマウス操作で完結できるので、開発プロセスはもちろん、その後のメンテナンスにおいても高い生産性を維持できます。そして、経営層、管理部門、現場担当者など、それぞれのレベルでビジネス革新をもたらします。複数システムを横断したデータ分析による迅速な意思決定、変化する状況に応じた業務処理、スムーズな顧客対応によるサービス品質の向上などです。

今後はHTML5によるスマートデバイスへの対応と、エンドユーザが現場のデータを直接入力できる機能追加を行います。このことは新たなビジネス革新を顧客にもたらします。レポーティングソリューションが、「データを見る」ためだけではなく、「データを受け取る」機能を持つソリューションへと進化するのです。タブレットを持った現場担当者がその場でデータを入力すれば、基幹システムのデータベースに反映され、経営層や管理部門はリアルタイムにそのレポートを見ることができます。データ精度の格段の向上と同時に、さらなる意思決定の迅速化、業務プロセスのペーパレス化が可能になります。

日本市場は、帳票の文化など韓国とビジネス習慣が非常に近いところがあり、私たちのソリューションの親和性が高いと考えています。ご存知の通り、日本企業が製品・サービスに要求する品質・水準は、世界のどこよりも厳しいものがあります。逆に言えば、日本のお客様に満足いただけるソフトウェアなら、それはグローバルで通用するはずです。

日本エムツーソフトは、市場にフィットし、企業競争力強化に直結するソリューションを、これからも提供し続けていきます。


帳票作成ツール・BIツールのCROWNIXトップへ

bnr-contact